リフォーム資金

フリーで仕事をし、自由人を目指す > > リフォーム資金

リフォーム資金

2014年9月12日(金曜日) テーマ:

フリーで仕事をして自由人を目指している私ですが、普通に働いている人と違って不利だなって感じている事があります。

それは、お金が借りにくいって事です。

別に借金をしようというのではなくて、家を建てるのに住宅ローンが必要だなって思ったんです。

でも実績が無いフリーターな私に貸してくれる勇気ある銀行さんはいない気がするのですが、どうでしょうか。

そこで考えたのが、リフォームです。

こんな記事がありました。

 


 

建て替えとリフォームはどちらが費用が掛かるかと問われたら、建て替えと答える人が多いでしょう。

ですのでリフォームを選ぶ人が多いです。

建て替えの場合は元の家を解体して更地にしてから、基礎をつくり家を組み上げます。

全面的なリフォームの場合は、床や壁を解体しますが基礎や柱は残します。

そこから始めますので、その分安くできるのです。

また、法令上建て替えをすると損をする場合があります。

敷地に対する家屋の面積が法令で決められていますが、改正を繰り返していて、新しく家を建てた場合は以前と同じ面積の家を建てることができないことがあります。

家を小さくしたくないなら、リフォームを選択するしかないのです。

 

リフォームの方を選択したいと思っても、それができないケースがあります。

家が建っている地盤が弱い場合、そこで工事をするのは危険が伴います。

その為しっかりと地盤を補強する必要があるのですが、その場合家を取り壊さなければいけません。

結局のところ建て替えを選ばざるおえないのです。

また、家の老朽化が著しい場合は基礎や柱がそのまま使えないこともあり、新築した場合より費用がかかってしまうことがあります。その場合は建替えた方がよいでしょう。

 

今住んでいる家が広いと感じているなら、家を小さくして新築する方が安くなる場合があります。

 

どうしたら一番よいのか専門の業者に相談するとよいでしょう。

リフォームの費用より

 


 

これによると、建替えるよりもリフォームの方が費用が安いみたいです。

当たり前のように感じるかもしれません。

どうみたって、手間は建て替えの方が掛かるのですから。

でも、リフォームもタイヘンです。

まず、壊さないように壊す必要があります。

柱とか土台とか家に必要な構造を形作っているものにキズを付けるわけにはいきません。

自然と慎重に作業をすることになります。

建て替えならば、何も気にせず破壊すればいいので楽です。

実際は近隣に迷惑の掛からないようにする必要があるので、何も気にしないというわけにはいきませんが、それはリフォームでも同じです。

ここまで、リフォームと書いてきましたが、リフォームにはいろいろあるようです。

ここで言っているのは家の構造以外を取り壊して一から作り直すスケルトンリフォームというものです。

仕上がりは新築と変わりないものになるみたいです。

まあ、なんだかんだで費用はリフォームの方が安いようです。

そうでないと私の場合困るのです。

なんせ、ほとんど現金で支払う必要があるのですから。

スケルトンリフォームに必要な費用はおそらく一千万円くらい。

建替えると2千万円くらいなので半分の価格です。

それくらいなら、私でも手が・・・・出るはずありません。

これからの稼ぎに掛かっています。

ほんとにもうどうしたらいいのでしょう。

というわけで、大掛かりなリフォームは後回しにして小規模のリフォームや修繕をやろうと思っています。

まずは外壁の塗りなおし。

一番安いペンキで塗ってもらいます。

塗料も耐用年数があるみたいです。

高い方が長く持つみたいです。

なので、安いのを何回もやるのか、高いので少ない回数にするのか。

これは悩みどころです。

 

 



関連記事

ピンポンのメディアミックス三作品

ピンポンのメディアミックス三作品

2015年1月29日(木曜日)

初めてのピーリング石鹸

初めてのピーリング石鹸

2014年12月20日(土曜日)

育毛の基本の育毛シャンプーの効果と選び方

育毛の基本の育毛シャンプーの効果と選び方

2014年11月 5日(水曜日)

レトロなクリニックの内装にあれこれ考えてしまう不安

レトロなクリニックの内装にあれこれ考えてしまう不安

2014年9月24日(水曜日)

かに通販が人気なのは実はお値段がお安いから?

かに通販が人気なのは実はお値段がお安いから?

2014年9月23日(火曜日)